祇園祭・後祭り 2018.7

最終更新: 4月28日

京都も連日、36-39度と、この時期には珍しいお天気ですが、関係者は雨が降らないことだけがありがたいとか。。

今回のオフ会は、祇園祭の後祭りに行ってきました。

今回は、お祭り時期のランチ予約があり、早めの締め切りとなり、ご参加いただけない方々がおられて申し訳ございませんでした。


行程)

四条河原町(集合)→高島屋→八坂神社御旅所→錦市場→大船鉾→南観音山→ランチ

→町家(屏風祭)→北観音山→八幡山→黒主山→鯉山→橋弁慶山→カフェ→四条烏丸(解散)


後祭りで、飾られているのは23日明後日まで。24日が巡行。

そして、その日の夕刻に御神輿が八坂神社に戻ります。


集合場所の鴨川と青空


高島屋の1F。

綺麗な屏風がかざられています。関連グッズも販売されています。

祇園祭にも御朱印帳。スタンプもあったような~

八坂神社御旅所

四条通を少し西に歩くと、八坂神社御旅所に3基の御神輿があります。本来ならお祭りの主役。

前祭りの巡行の後、八坂神社からこちらへ。

後祭りの巡行のあと、市内中心部を巡り、八坂神社に戻ります。


・錦市場

暑さを避けて、四条通より1本北にある錦市場を散策。

AWOMB(あうーむ)

手鞠寿司で知られているアウームさんへ。インスタ映えしそうです。

海外の方も写真を見てこられるそうです。

少し前までは、行列が出来ていましたが、最近は予約制に。。

お祭りもかさなり今回は早めに予約しました。



・大船鉾

お店のご近所には、数年前に再建された大船鉾。

500円で、上に登ることもできます。前祭りとは異なり、後祭りは、のんびり出来そうです。

屏風祭り

祇園祭のなかには、幾つかのお祭りやイベントがあります。

町家を解放して、家宝の屏風などを飾られる屏風祭りも有名です。


祇園祭は、町内ごとで保存から組み立て、巡行までなされています。

奥まった路地の奥には、町内の文化財、守られてきた品々を観ることが出来ます。



毎回、目にする大きな鯉が290匹。毎年1匹追加されているそうです~

室町通り三条下がる西側でみることができます。

鉾の写真をいくつか。南観音山。

後祭りでは、大船鉾とこちらだけ上に登ることが出来ます。

・京都芸術センター(旧:明倫小学校)

最後のカフェは、昔は小学校だった施設を利用した芸術センターの中にあるマエダコーヒー

教室を利用したところで雰囲気があります。

私の地元はこちらのお隣のエリア。小学校跡地はマンガミュージアムになっています。

作り方は、時期が同じ頃のようで似ています。

そのほかのアルバム写真(Googleフォト)

ja.png
  • Facebook | kyotonavi 京都からお出かけ
  • Instagram | kyotonavi 京都からお出かけ
  • Twitter | kyotonavi 京都からお出かけ

2018 Copyright KyotoNavi All Rights Reserved.